モグニャン 食べない

モグニャン シンプリー

更新日:

モグニャンとシンプリー

モグニャンとシンプリーは、ともにレティシアンが販売するキャットフードですが・・・

正直どっちを選んでいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

ここでは、モグニャンとシンプリーの違いを比較しようと思います!

先に比較結果を見る!

モグニャンVSシンプリー

比較項目

  • 主な原材料
  • カロリー
  • 対象年齢
  • 評価
  • 価格
飼い主
モグニャンとシンプリーを比較するにあたって、上記の5点を比べてみることにしました。

 

主な原材料で比べてみた

モグニャンとシンプリーの原材料

モグニャンの63%は白身魚が使われています。

基本的にはタラが使用されていますが、その時々で旬の食材を厳選しています。

一方シンプリーの31%は骨抜きサーモンが使われています。

脂肪酸が豊富に配合されていて、猫の皮膚環境を整えてくれます。

 

カロリーで比べてみた

モグニャンとシンプリーのカロリー

モグニャンは365kcal、シンプリーは380kcalとなっています。

人気のキャットフードの中でもモグニャンのカロリーは低いので、ダイエット中の猫はモグニャンが向いてますね^^

 

対象年齢で比べてみた

モグニャンとシンプリーの対象年齢

結論から言うと、どちらもオールステージ対応なのですが、

子猫向きなのがシンプリー、老猫向けなのがモグニャン

となります。

理由としては、シンプリーの方がタンパク質が高いため、腎臓への負担がかかりやすいからです。

なので、健康を重視したい猫にはモグニャンがオススメと言えます。

 

評価で比べてみた

モグニャンとシンプリーの評価

モグニャンもシンプリーの購入者の感想を見る限り、どちらも食いつきや安全性を高く評価されている傾向にありました。

やはり猫は魚が好きなのか、チキンを主原料とするカナガンと比較しても食いつきの良さはモグニャンやシンプリーが上回っているみたいですね。

 

価格で比べてみた

モグニャンとシンプリーの価格

モグニャンもシンプリーも、

単品価格:3960円

定期コース:20%OFF

となっています。

モグニャンとシンプリーのまとめ!

比較項目 モグニャン シンプリー
写真 モグニャン シンプリー
主な原材料 白身魚63% 骨抜き生サーモン31%
カロリー 365kcal 380kcal
対象年齢 老猫向き、ダイエット向き 子猫向き
評価 食いつき・安全性に好印象。 食いつき・安全性に好印象
通常価格 3960円 3960円
飼い主
私が飼っているようなデブ猫ちゃんにはモグニャンがオススメです。

「モグニャンの方が向いてるかも」と言う方は、下の記事もぜひ合わせて読んでみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

Copyright© 「モグニャン食べない」という口コミは本当!?うちの老猫がお試し! , 2019 All Rights Reserved.