モグニャン 口コミ

モグニャン ロイヤルカナン

更新日:

モグニャンとロイヤルカナン

キャットフードの中でも特に人気なのが、モグニャンとロイヤルカナンです。

お互いツイッターやインスタグラムでもよくアップされている方が多いですが、

モグニャンとロイヤルカナンどっちがいいの?

という方もいらっしゃるはず。

ここでは、モグニャンとロイヤルカナンの比較をしようと思います。

先に比較結果を見る!

モグニャンVSロイヤルカナン

比較項目

  • 原材料
  • カロリー
  • 購入者の感想
  • コスパ
飼い主
モグニャンとロイヤルカナンを上記の4つのポイントで比較していきます。

 

原材料で比べてみた

モグニャンとロイヤルカナンの原材料

モグニャンの原材料

白身魚、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン

ロイヤルカナンの原材料

とうもろこし、家禽ミート、米、植物性分離タンパク、小麦、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、ビートパルプ、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母、魚油、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、Zn、P、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

モグニャンには穀物・保存料・着色料・香料などの有害になるものが一切配合されていません。

なので、子猫や老猫にも安心して食べることができます。

さらにヒューマングレードで人間が食べても安全な品質な食材が使用されています。

 

しかし、モグニャンと比較してロイヤルカナンには「小麦やとうもろこしなどの穀物」「ビートパルプ」「酸化防止剤」などの気になる原材料が配合されています。

なので、安全面に関してはモグニャンに軍配が上がります。

 

カロリーで比べてみた

モグニャンとロイヤルカナンのカロリー

モグニャンの方がロイヤルカナンよりもカロリーが低いので、太り気味の猫にはモグニャンがオススメです。

逆に痩せ気味で元気がない猫ちゃんには、カロリーの高いロイヤルカナンがオススメかもしれません。

 

購入者の感想で比べてみた

モグニャンとロイヤルカナンの感想

モグニャンの感想

・血尿や血便もなく、モグモグと美味しそうに食べています。

・モグニャンに含まれる食物繊維のおかげか、きちんと毛穴ケアされます。

・年齢のバラバラな猫を飼っているので、オールステージ対応は嬉しいです。

ロイヤルカナンの感想

・便の匂いも臭くなく、猫・飼い主ともにストレスフリーのキャットフードだと思います。

・チャックがあるので、ドライフード→ウェットフード(缶詰みたいに)にならずに助かります。

・サイエンスダイエットより食いつき良く食べてくれます。

 

価格で比べてみた

モグニャンとロイヤルカナンの価格

モグニャンの価格

単品購入価格:3960円(1.5kg)

定期コース:20%OFFで送料無料

ロイヤルカナンの価格

単品購入価格:5439円(4.0kg)

モグニャンとロイヤルカナンを比較すると、コスパは2倍ほど違います。

なので、とにかく安さ重視という方はロイヤルカナンがオススメです。

モグニャンとロイヤルカナンのまとめ

比較項目 モグニャン ロイヤルカナン
写真 モグニャン ロイヤルカナン
原材料 グレインフリー、有害添加物不使用 穀物や酸化防止剤あり
カロリー 365kcal 明記なし
対象年齢 老猫向き、肥満の猫向き 子猫向き
評価 安全性に優れている。 ニオイがきつくない。
通常価格 3960円(1.5kg) 5439円(4kg)
飼い主
モグニャンとロイヤルカナンを比較した結果が上の表になります。

安全性・カロリー低めが良い→モグニャン

安さ重視で決めたい→ロイヤルカナン

当サイトでは、モグニャンについて詳しくご紹介していますので、気になる方は下の記事も参考にしてみてください。

こちらの記事もよく読まれています

・「」

・「」

・「」

Copyright© 「モグニャン食べない」という口コミは本当?えっ、怪しいステマも!? , 2019 All Rights Reserved.